1. 口癖の直し方 スマホを使って3分で 間合い・ゆっくり・置き換え 意識すれば直る【スピーチが上達する技術・30選】

あなたの口癖はどれですか?
「え〜」 「え〜と」 「あの〜」。

スマホを使って3分チェック

一度、スマホを使って、3分ほどのスピーチを
ビデオ撮影してみてください。
そして、何個の口癖があるかを数えてください。
単に「多い」ではなく、デジタルに数字化して
何秒ごとに発しているか把握しましょう。
その方がリアルに、ドキッとします(笑っ)

間合い・ゆっくり・置き換え

プレゼン・スピーチセミナーで実績をあげている直し方は、次の3つを組み合わせることです。
(1)物理的対処法・・・え〜などが出そうになったら飲み込んでください。 他人には分かりません。
ちょうどいい、間合いができます。
(2)精神的対処法・・・次から次へと話す必要は
ありません。聞く側に立てば分かるはずです。はじめて聞く単語や話しの筋道を早口に話されたら、理解し付いていくのがひと苦労なんです。たどたどしくてもゆっくり話す方が伝わるのです。
(3)置き換え対処法・・・口癖の三分の一くらいは、接続詞や副詞に置き換えられます。
そこで、次に、さらに、つまり、特に、とりわけ、従って、なかでも・・・・・・。

意識すれば直る

原稿を作った時に、意識的に置き換えを用いてメリハリを付けると一石二鳥ですよ。
そして、口癖はゼロにする必要はありません。
1分間に2〜3個は許容範囲ですから。
癖は意識すれば直ります。さぁ、トライしましょう!

無料メルマガ・好評配信中!ぜひ、ご登録ください。

プレゼンテーションやスピーチを中心に、伝えるコミュニケーションのコアな情報や技術、気づき、学びについて発信していきます。ぜひ、ご登録ください。無料です。