人生は、周回ランナー

私への、誕生日のお祝いのメッセージをたくさんいただいて、朝から恐縮しています。
佐藤愛子さんの著書に「九十歳。何がめでたい」というのがあります。
私はまだまだ、その高みには及びませんが、実年令が何も規定しないという思いに
生きてずいぶんになります。
還暦のコーナーを回れば、個体差・個人差の世界で、もしかすれば少しは恵まれている
のかもしれないと思うこともしばしばです。
それでも相応に持病があって、気まぐれな痛みにもおそわれますが、まあ快食ほぼ快眠。
頭の方は、プレゼンテーションでたまに仕事がいただけるくらいは稼働しています。

人生は、周回ランナー。同じフィールド、同じ風景を通り過ぎながらも、日々新たであり学びがあります。何周目かが意味を持つこともなく、マイペースで走り続けられることが有難く、もう一周してもいいよと言っていただいたのが今日。
テレビで紅型作家の方が仰っていた言葉が最近沁みてきていて、その言葉に次の周回を
伴走してもらおうと思っています。

「祈るように仕事をすると、仕事が生まれる」

無料メルマガ・好評配信中!ぜひ、ご登録ください。

プレゼンテーションやスピーチを中心に、伝えるコミュニケーションのコアな情報や技術、気づき、学びについて発信していきます。ぜひ、ご登録ください。無料です。