独学・我流で場馴れの勘違い=社長のスピーチには誰も注意しません。

社長こそ、プロのコーチについて、長所を伸ばし勘違いしている欠点を修正してください。

スピーチが上達するポイントは、次の2点です。

  1. 正しい理論に基づいた、技術を習得する。
  2. 自分のアウトプットを客観視する。

質問です。スピーチに限らず、人とコミュニケーションするときの「手の役割」は何でしょう?

目の使い方、手の効果的な動かし方、声の表現力、すべてに正しい理論があります。

技術はすべて理論に裏打ちされて磨かれるものです。

スピーチが上手くなると、社員たちは誇らしくなります。

スピーチは、社員の心を動かします。ステークホルダーの皆さんから、あなたと仕事がしたいと言っていただけます。

出張レッスンを承っています。たった5回で「自信」を獲得していただけます。

パーソナルレッスンのページをご覧ください。

お気軽にお問合せください。

無料メルマガ・好評配信中!ぜひ、ご登録ください。

プレゼンテーションやスピーチを中心に、伝えるコミュニケーションのコアな情報や技術、気づき、学びについて発信していきます。ぜひ、ご登録ください。無料です。