2016.11.5 神戸学院大学広報部 創立50周年学生プレゼン指導

大学創立50周年記念事業として11月5日、ポートアイランドキャンパスでシンポジウム「社会貢献が世の中を動かす
~ひと、まち、大学の立場から~ 」(本学主催、兵庫県教委、神戸市教委、朝日新聞社、神戸新聞社後援)を開催しました。
大学関係者のほか、一般公募による招待者計550人が参加しました。(中略)
第一部の最後は、地域、社会に貢献している現代社会学部2年次生の下田大貴さんと中原愛さん(ともに2年次生)が、
岡崎ゼミ、清原ゼミ、日髙ゼミの学生約60人が県内最少人口の神河町を舞台に自発的に学ぶアクティブラーニングに取り組む
「神河プロジェクトの挑戦」、
ボランティア活動支援室学生スタッフの野﨑真希帆さん(人文学部3年次生)、楠本稜さん(経営学部同)が東日本大震災の被災地支援や
サマーボランティアなど、「神戸学院大学生のボランティアの取り組み」について発表しました。
(神戸学院大学ホームページより抜粋)

上記の現代社会学部2年次生の下田大貴さんと中原愛さん、野﨑真希帆さん(人文学部3年次生)、楠本稜さん(経営学部同)の4名の
学生を2回にわたって指導しました。

無料メルマガ・好評配信中!ぜひ、ご登録ください。

プレゼンテーションやスピーチを中心に、伝えるコミュニケーションのコアな情報や技術、気づき、学びについて発信していきます。ぜひ、ご登録ください。無料です。