すべては、準備の中に在る。

当たり前のことですが、ことを起こそうとするときは、全容を見渡す準備から着手します。
すべきこと、起こること、関連すること、連携すること、予期せぬこと、困ること・・・。
そうしたすべての事柄を網羅しながらも、常にゴールを確認することでブレを起こさないことも肝要。

プロとアマチュアの違いは、準備するかしないかに尽きます。
アマチュアは、準備が疎かで玉砕します。
セミプロは、場当たりで結果オーライに気づかずやがて仕事を失います。
ひとかけらの準備不足が、そのイベントの不具合の連鎖を最後まで引き起こします。
プロとはまた、道具を駆使する人でもあります。
装備もまた体の一部のごとく、手入れ、磨き、取替・補充の点検をする。
コード1本につまずき、安易な代替品でクオリティを落とします。
ミスに不思議のミスはなし、と言えるでしょう。

準備に必要なものは、時間とシミュレーションする能力です。
事前に考え抜く時間(A)を持ち、準備を具体的に行える時間(B)を用意する。
準備の時間がとれない仕事は受けるべきではありません。

そして最後は、実施時間(C)のタイム・マネジメントも準備に不可欠です。
実施時間は自分のものであると同時に、他人の時間でもあります。

他人の時間を狂わし多くの時間を奪う人は、準備のできない人です。

無料メルマガ・好評配信中!ぜひ、ご登録ください。

プレゼンテーションやスピーチを中心に、伝えるコミュニケーションのコアな情報や技術、気づき、学びについて発信していきます。ぜひ、ご登録ください。無料です。